食品やコスメに使われる物

作業員

用途が広い金属

食品添加物や化粧品の日焼け止めなどに使われる『酸化チタン』という金属系物質があります。簡単に言ってしまえばチタンを酸化させて状態・性質を変形させた物です。メリットは沢山ありますが使う場合は用法と用量を守り使う必要性があります。食品添加物として加える事が可能な『酸化チタン』は着色料として用いるのが特徴的です。コールタール色素は色鮮やかな着色を実現させてくれますがリスキーな一面は無視できません。様々な効果が指摘されているため、場合によっては『酸化チタン』で代用した方が良い時はあります。変化させたチタンを食品に少し加える事によって、絶妙なカラーを表現できるのも大きなメリットです。けれどもコールタール色素もとても活用しやすく、ハッキリとした色合いを実現してくれます。互いにメリットはありますから、使い分けが味噌です。化粧品に当てはまる日焼け止めに『酸化チタン』は活躍します。UVというエネルギーから肌を保護してくれるメリットは非常に強みです。特に真夏の日には機能してくれるのはポイントですが、多めに『酸化チタン』が化粧品に入っているならUVカット効果が高めと言えます。幅広いコスメ(日焼け止めやファンデーションなど)に添加されやすい、活躍の場が多い物質です。余談になりますが『酸化チタン』は金属系のマテリアルと言えます。人によっては刺激になる可能性は否定できませんが、量を調節する事でリスクを抑えられるでしょう。

Copyright© 2018 金属加工なら専門業者に依頼しよう|質の高いアイテムを提供 All Rights Reserved.