美しい透明感と柔軟な加工

アクリル板

高い耐久性

アクリル板の特徴は、何と言ってもその高い透明性にあります。その特性で、最近では水族館の水槽に使用されているほどです。その光線透過率93%で、ガラスを凌ぐでしょう。切断、接着、曲げ、研磨、彫刻、印字加工も可能で、加工が容易、耐久性にすぐれ、割れにくく、ガラスに比べ軽量です。万が一、破損したとしても、ガラスの様に飛散しないので、安全面にも優れているといえるでしょう。アクリル板は軍事利用を目的として工業化されました。戦闘機のキャノピーに使用されたのが始まりだそうです。透明性と、巨大水槽に耐えうる耐久性を鑑みれば、軍事利用が始まりというのも納得できます。アクリル板は、アクリル樹脂から作られる物で、アクリル酸エステルまたはメタクリル酸エステルを重合した物です。重合とは、分子と分子を結合させる事です。この重合により、他物質を追加する事が可能であり、現状よりもさらに進化させるべく研究が続けられています。水槽だけでなく、今や、アクリル板が無ければ、多くの身近な製品は姿を消すといっても過言ではありません。例えば、ボールペンの外装や、食器、パッケージ等、枚挙にいとまがありません。水晶の様な無色透明の物だけでなく、色を施すことも可能であり、美しい配色の物であれば、スタイリュッシュなインテリアや家具にも使用されています。また、あまり一般には知られていない優れた特性の一つに、撥水性があります。水は、特に物質に及ぼす影響が強いのが常で、金属や塩化ビニル製の製品は、たちどころに劣化が始まりますが、アクリルは水にも強く、撥水性があるため、水回り、特に浴槽に最適な素材といえます。このように、多くの利点があるアクリル製品ですが、最近では、ネットでアクリル板販売や、それを加工する業者が多くあり、手軽に購入や好みの加工を施せるようになっています。

Copyright© 2018 金属加工なら専門業者に依頼しよう|質の高いアイテムを提供 All Rights Reserved.