電子書籍化の方法

電子書籍を作る方法について解説します。
紙文書を電子化する場合は、ほぼ1つです。これはスキャナを使用して、光学的に読み取りをしてテキスト変換をするのです。

一旦紙で出力したデータは、当然のことながらそこから文字データを復元することはできません。これには、従来なら紙を見ながら文字起こしをするという重労働が伴いましたがこの方法が取られるようになってから飛躍的にこのデータ入力の作業が楽になりました。
ただ、全てが全て文書を電子化しなければならないということではありません。紙媒体のままでよいものも中にはあるので、それはそのままにしておいてもいいと思われます。例えば、法令の規定で保存する必要があるのもなどは、わざわざ電子化する必要はないでしょう。

もっとも、そういった資料にしても、電子化しておけば何かあった時の、検索にはとても役に立つでしょう。

また、話を戻して、光学解析ソフトを使って、紙文書を電子化する場合にも注意は必要です。あまりにもそのソフトの精度が低ければ、電子化したあとで校正にかけないと文書として機能しません。従って、文書の電子化とは、手間が省けるというよりは、後々の手間を省くためにする施策と捉えるのが正確かもしれません。

Advertisement
(Input html or adsense code here)
category
  • カテゴリーなし
calendar
2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31